白血病の化学療法による脱毛

白血病は、発症する原因が分かっていませんが、治療法については、ずいぶん確立されてきました。
基本的に白血病の治療は、骨髄移植を行うことになります。
しかしその方法は、以前と比較すると、多彩な方法を用いることが出来るようになっているのです。
そのため、骨髄の型が完全に一致しなくても、移植を行うこともあるほどです。
そうした白血病の骨髄移植をするためには、まずそれまでの白血球を、死滅させることから始めます。
白血球を死滅させるためには、抗ガン剤による化学療法を行うことが一般的です。
この抗ガン剤による化学療法を行うと、脱毛が起こることがあります。
なかには、脱毛が起こらない人も存在しますが、脱毛を起こすことが多いのです。
そうした脱毛は、白血病の治療が終了すると、改善することが多くなります。
しかし、短期間であっても、社会生活を送るためには、脱毛は大きな支障になることがあるのです。
そこでよく使用されているのが、医療用のウィッグです。
ウィッグは、高齢者の脱毛でよく使用されますが、医療用ウィッグは若年者でも使用します。